正規品証明(本物証明)とは?

正規品証明(せいきひんしょうめい)とは、その商品が、
確かに記載されたメーカーの商品であることを証明する事です。


なぜ必要なのか?

精巧に作られたコピー商品は、もはや外見で見分けがつきません。 商品の表面に連番んのロットNoを印字しても、QRコードの偽造防止シールを貼っても 結局はそれ自体をコピーされてしまい目的が果たされない事が多いのが現状です。
日本においては、「海外で販売したら偽物ができた。だからしょうがないから偽物対策を行う。
といったような考えの会社様もいらっしゃいますが
例えばマーケティングの視点で考えると、いくら多額のマーケティング費用、広告費を投入しても最終的に消費者が、本物を手に取る事が出来ず購入してもらえなければ意味がありません。

また、対策を取っていない商品ほど「そういう事に意識がない会社」という事で
すぐに偽物や横流しなどが横行し、商品の寿命を短くします。

つまり、ちゃんと対策が取れていれば10年売れるであろう商品も
商品価値を下げ、偽物と価格競争を行ったりする事で寿命を縮め、ファイナンス的価値を下げます。

私たちは、日本のメーカー様の商品の価値が最大限保たれるよう
そして世界の消費者が正しくそれを購入し、喜んでもらえるように活動を行っております。

関連: QR偽物対策では弱い?


世界にチャレンジする日本企業を悩ませる問題6つ

原材料を1円でも下げれば利益が上がるかもしれませんが、  市場の値崩れで価値が下がったり、偽物で売れなくなっては  元も子もないのではないでしょうか?