流通管理とは?

どの注文で発送したものか?どこの国にあるのか?など 販路管理する事が出来ます。
流通管理を無視した横流しや、契約を超え大幅な安売りで商品価値をさげたりする行為を防止します。

なぜ必要なのか?

流通管理が必要になるシーンは大きく3つです。
1.海外出荷時に総代理を設けて輸出している
2.特定の販路契約に専売品として契約して販売している。
3.Amazon等に販売しており対策を行っていない事で、転売・偽物が発生する。

こういった場合、流通管理が必要になります。


1.海外出荷時に総代理を設けて輸出

海外出荷時に必要になる場合は、例えばその輸出国に対し「総代理店契約」などを行った場合などです。
商品は識別できる物がなく、ターゲットになります。
例えば、中国に輸出する事になり中国総代理店を設けます。しかし商品を識別する事が出来ず日本からの並行輸出が行われ中国国内で安売りが始まり、総代理店からのクレームが発生します。

海外進出メーカー様必見。総代理店を設けても極端な値下げなどでなぜ価値が下がるのか? 追跡できない、買い戻しても証明できない…そんな悩みを解決します。


2.特定の販路契約に専売品として販売

特定の販路で販売する事を目的とした商品。所謂サロン商材などは、高品質な成分がはいっていたり使い方をしっかり説明して販売したいと言った願いがこもった商品があります。
しかし、流通経路や正規品証明が行われれていない高額なこれらの商品は度々メルカリなどのサイトで偽物が販売されたりするなどの被害が多くでています。

関連:Spicare v3 シリーズにJDMSO版HiddenTagが採用


3.Amazon等に販売。転売・偽物が発生する。

転売屋や偽物業者は、模造品や転売対策の意識が低い会社様の商品をターゲットにする傾向があります。
これはもっともな理由で「どうせばれない」と、偽物の販売や保証シール剥がしなどを行います。

関連:Amazon/楽天などの偽物排除


私たちは、1つ1つの商品に偽造困難なセキュリティタグ(トラストタグ)を用いる事でこれを対策しております。
Amazonだけではなく、楽天や他のモールなど 不正転売から企業努力をまもり
価値と品質を高め続けるお手伝いをいたします。