HiddenTag®(ヒドゥンタグ)はなぜ、QRコードやNFC、ホログラムシールと比較して採用されるのでしょうか?まずは基本的な機能の違いをこのページではご説明いたします。

さまざまな技術と比較しても、HiddenTag®ヒドゥンタグは、セキュリティ対策タグとして最も効果的だと言えます。トラストタグはこのHiddenTag(ヒドゥンタグ)を一部採用しています。

私たちは正規品証明によって、「お客様が選択を間違えないようにする」ことを目的にとしています。
つまり、生産者・メーカー様だけが本物を見抜く事も重要ですが、投資した広告効果の果てに潜在的顧客がうまれそのお客様が貴社の商品を選択する時「コンバージョン」出来るようにする事も重要なのです。


ホログラム

ホログラムシールの例。正規品証明と呼ぶには古い技術となってしまい、事実上今日では役に立っていません。HiddenTag(ヒドゥンタグ)ならこんな事はありません

最も昔から存在する技術ですが、最近では見る角度によって何十パターンというパターンを見せる事が出来るものも存在します。 

しかし、日本の技術がいくら優れても消費者が本物か偽物かを判断する事が出来るでしょうか?
そんな高度なものを肉眼で見極める事は極めて難しいでしょう。
問題点は
・人の目でみて比較して「本物か判断できない物」であれば逆に信用すら与えてしまう事。
・これだ!と選択できないような物では購入して頂く段階で結局買ってもらえない事になり意味がない。

また海外の特に中国・東南アジアの技術も高度化し、昔は「海外のもの ⇒ 偽造品と見抜ける」品質でしたが今は製造物としてのコピーは完璧の域にまで来ています。(スーパーコピーなど)


QRコード・NFC&RFID

参考:(動画検証あり)QRコードの正規品認証では何故危険なのか?

QRコードは誰にでも作成できるため、印刷物としてのQRコードは、正規品正目にはつかえません。HiddenTag(ヒドゥンタグ)

QRコードなどの技術は、電子決済などの分野で活用され今やなくてはならない存在になりました。
仕組みはいくつかありますが、大体の場合は長い文字列をQRコード化して、それを専用アプリで読込判定をするという物です。大変よく出来た仕組みに思えますが問題があります。

それはQRコード自体が誰でも作れてしまい、安価に印刷できるという点です。
QRコードを見た消費者は「あ、アプリをダウンロードしないと!」と思うより、自身のカメラで何となく読み込むでしょう。そこにも落とし穴があります。

よくあるパターンとして、本来アプリで表示される「本物です!」というページを、まるっきりコピーします。
そのコピーした「偽本物証明サイト」をつくりURLをQRコードにします。
すると、消費者は証明時にURLなど一々確認はしませんから 偽サイトを信じてまるでフィッシング詐欺の様に本物だと思い込んでしまうのです。(ログにも残りませんので対策も送れます)

RFIDを使った証明は高額になりやすく、電波法やiOSの対応状況から現実で期ではありません。 HiddenTag(ヒドゥンタグ)なら解決できます。
NFC(RFID)は導入費用が高額になりやすく経済的によくありません。
また、iOSからは読み込めない物がある事や国別に周波数が異なるため、認識されない問題が発生します。

参考:(動画検証あり)QRコードの正規品認証では何故危険なのか?


HiddenTag®(ヒィドゥンタグ)

HiddenTag®は世界700社以上に採用される、特許技術になります。
専用アプリで読み込むことにより、正規品証明を行います。

弊社ではHideenTagの技術と組みあわせた 正規品証明&流通管理タグを ご提供しております。

技術の詳細についてはこちら